最近の投稿

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

-脊柱管狭窄症のため5分も歩けず、整形外科で手術を予定されていました-

10年近く前から腰に違和感を感じておられましたが、2・3年前からだんだんと歩いていると腰と足に痛みを覚えるようになりました。次第に歩行時間が短くなり、5分も歩けないようになってしまいました。

整形外科を受診しておられましたが、手術の必要性を感じ、整形外科で有名な病院を紹介していただいて受診されたそうです。その結果、本年の年明け早々に手術を受けられるように手術日を決めたそうです。

その後、その方のご家族が当院に治療に来られておられるため、「一度治療を受けてみてはどうか」と言われ来院されました。

初診は、昨年の11月頃でした。初診時は、腰部のみが凍りの上をつるっとすべるような肌触りで、その他は皮膚にざらつきが見受けられました。「いかにも腰がわりいなあ~」という印象が強かったです。

所定の治療を終え、水分の取りすぎ、冷たいもの等からだを冷やすものの飲食を慎むようお願いをし、初診の治療を終えました。また、からだの様子から週2回の治療を要することをお話し、定期的な治療の必要性をお伝えしました。

週2回の治療を継続していくと、次第に腰と足の痛みが楽になり、治療開始から一月ほどたった頃、「手術をしなくとも治るかもしれないと」感じられ、予定していた手術をキャンセルされました。その後鍼治療のみに専念されました。

治療継続の結果、3ヶ月ほどしてくると当初5分程度であった歩行時間は30分にまで延びていました。腰部の皮膚の感じも大きく変わり、背中全体が同じような艶のある状態へと変化していました。半年ほど過ぎた頃には、日常生活に殆んど支障にない状態になっておられます。

現在も体調管理の目的で来院されておられます。

このようなからだの内部、脊柱内の変化による疾患でも鍼治療によって回復させていくことができるのです。これは、鍼をすることによって人間が本持っている免疫力・自然治癒力を本来の姿に戻していくことの結果なのです。鍼をするということは、その回復力の手助けをするに過ぎませんが、このことが非常に大切なのです。人間の持っている治癒力は、このような疾患でも治していけるパワーを持っています。しかし、一端バランスを崩して発症した疾患はご自分の力だけでは治せなくなっています。そのときにこそ、鍼治療の手助けを体験していただければ幸いです。

TAGS:

突発性難聴でめまいを伴う患者さんです。

突然前触れもなく、右耳の聞こえが悪くなり、すぐに耳鼻科へ診察を受けにいったところ「突発性難聴」と診断され投薬を受けました。数日しても難聴にあまり変わりがなく、めまいも強く残った状態でした。そんな中でインターネットで調べ当院に来られたのです。

来院時は、難聴がまだ残っていry状態と、顔を横に振るとめまいがし辛い状態と訴えておられました。その他、手足が非常に冷たく、自覚的にも冷えを強く感じておられます。更に頻繁に胃の痛みを訴えておられました。

初診の治療を終え、体の状態・難聴とからだの冷え・めまい・胃痛の関連性を説明し、継続治療の必要性をお話しました。当初、週2回の通院をお願いし、様子を見ながら週1回の治療へと変えていきました。

当初訴えておられた難聴は、全くなくなり時折顔を横に振ったときに軽いめまいがある程度へと変化していきました。仕事中によく胃痛を起こしていましたが、その回数も次第に減少してきています。今では、殆んど痛みを感じることもなくなってきています。

手足の冷えはまだ完全には解消されてはいませんが、治療中にも温かくならなかった手と足が次第に暖まるようになっています。自覚的にも以前の冷たい感じとは違うとの事です。

今回の治療例のように、早期に治療を開始でkることで難聴の回復を早めることが可能となります。ただ、「突発性難聴」となると耳鼻科を受診するのが当然ですし、あまり変化していないのに投薬を長い期間継続してしまいます。その後、鍼治療となると、回復にどうしても時間がかかってしまいます。しかし、回復していきますのでそのような状態でも、どうぞご相談ください。

TAGS:

左前頭部に帯状疱疹のできた女性です。

当院へ来られる半月ほど前に発症しました。皮膚科へ通院し、投薬を受けていました。しかし、日に日に痛みは増すばかりで、しまいには病院内で激痛のため倒れこむことまであったそうです。このまま続けていても回復の見通しがつかないため、紹介されて来院されました。

初診時は激痛が続いていて、疱疹部は皮膚全体がかぶれ黒ずんでいました。疱疹はすでにつぶれていてかさぷたを形成していました。また、痛みのため食欲もなく眠れない日々が続いていました。そのため腹部はカンゲし力のない状態です。

「回復力を増しながら治療していきます。そうすると痛みもなくなり、かぶれて変色している部分もなくなります。疱疹部も痕が消えてしまいますよ」と説明して初回の治療を始めました。治療を終えるとからだ全体に艶と張りが出てからだが楽に感じられるようになったそうです。

1日置いて来院していただき、様子をお聞きしたところ強い痛みは消え、久しぶりにゆっくり眠れたと喜んでおられました。何日も苦しんでいた痛みが一回の治療で楽になったことに大変驚いておられました。

その後、週2回のペースで来院いただき治療を継続していただきました。帯状疱疹による激痛はなくなりましたが、神経痛のようなツンとした痛みが少し残りましたが、継続していくことでその痛みも殆んど気にならなくなっていきました。更に、かぶれて黒ずんでいた皮膚の色が次第にうすくなっていき、殆んどわからなくなっていきました。つぶれてかさぷたになっていた疱疹の痕も次第になくなっていきました。

少しひりひりする感じは残っていましたが、日常生活には全く支障のない状態にまで回復されています。

現在は、体調管理のため2週に1回の割合で来院いただいています。

鍼治療には一見不向きなような症状でも、治癒力を回復させていくことで痛みが消え、皮膚が元に戻り以前のような生活に戻れます。この治療を通してまた、生命力のすばらしさを体験させていただきました。鍼はちょっとと敬遠される方も多いとは思いますが、困っておられる方のお手伝いが少しでもできればと思っております。

TAGS:

今を盛りと花粉が飛び交うさなかですが、多くの方々が花粉症に悩まれマスクをしておられる姿を拝見する機会が多いようです。その大半の方々は、投薬によって症状を軽減されておられると思います。

今月は、そのような中で鍼治療(経絡治療)によっても、症状を軽減・快復されている方々を載せてみたいと思います。

長年花粉症で苦しんでおられ、この時期になると花粉症の強い症状を抑えないと仕事ができないため薬を飲んでおられました。鍼治療は、昨年から定期的に受けておられました。そして花粉の次期に入り、前回までなら薬を服用しなければ症状を抑えられない状態でした。しかし、今回は服用していなくとも激しい症状とはならず楽に過ごせています。目のかゆみ・鼻水等の症状は多少ありますが以前のそれとは全く違うとのことです。

治療するたびごとに出ている症状は取れ、楽になっていきます。なるべくなら薬を服用せずに治したい。出ている強い症状を抑えたいと思われておられる方は多いと思います。鍼によって全身の調整をすることでこれらのことが可能となります。参考にしていただければ幸いです。

この症例とは異なる方ですが、ここ3年ほど花粉症が治まっていたのですが、ことしは再発してしまい目を腫らして来院されました。目が腫れて涙目となり、鼻水もかなりでて辛そうな感じでした。治療を終え症状は楽になり、その後しばらく楽に過ごせたそうです。継続することで生活が楽になっていきます。

TAGS:

ある日突然聞こえが悪くなり、耳鼻咽喉科へ診察を受けにいってみると中耳炎の影響で難聴になったといわれました。本人には、中耳炎の自覚もなく、いつそのような状態になったのかまったくわからないということでした。

数回診察を受けましたが、全く変化がなく、以前当院で受けた鍼を思い出し治せるかもしれないと当院を訪れました。前回治療を受けていた方とは全く別人でした。非常に強い不安を持ち、もしかしたらこのまま聞こえなくなってしまうのではと不安定な状態でした。

そのような状況下で初回の治療を行いました。少し時間が経過していますので1回の治療ですぐに劇的な効果はありませんが、継続していくことで変わっていくことを今回も説明し、二日後に来院をお願いし治療をおえました。やはり表情は曇った状態でした。

二日後に来院されましたが、初回の人とは全く変わった様子で少し笑顔が見えるようでした。問診してみますと、少し全体に軽くなり耳の感じが変わり聞こえがよくなったといわれました。暗いところから僅かではありますが灯りが見えてきたのでしょう。その後治療をしていくたびに難聴が回復していく感じを実感されていきました。

今回の症例は、病症が発症して日が浅かったことが回復への大きな要因だったと思います。治療回数は5回程でしたが、同時期に同じく中耳炎から難聴になられた患者さんが見えられましたが、発症からの期間が開いていたためか、この症例よりも回復に少し時間がかかっていますが回復されています。

また、小児の中耳炎(浸出性)の症例などでも同じようなことがいえるようです。中耳炎ですぐに鍼灸院の門をたたくことには抵抗があると思いますが、鍼による経絡調整によっても治癒へと導いていくことができます。なかなか鍼灸でこのようなことができるとは思えないでしょうが、このような方法もあることを知っていただければ感謝です。

TAGS:

『卵胞期』とは

月経周期を卵巣の変化を中心に分類すると、卵胞期(月経第1日から約14日間)と黄体期(排卵後)となります。卵胞期にはまず原始卵胞の一部はおそらくエストロゲン作用により自動的に発育を開始します。ついでFSH依存的に卵胞が発育、やがて卵胞腔を形成。第8~9週目頃からは最も早く発育した主席細胞のみが急速に発育します。その後LH作用で排卵に至ります。

この症例は、卵胞期における卵胞の発育が不良のため排卵に至らず妊娠できないというものです。つまり、自力では卵胞を発育させていくことができず、投薬、その後投薬と注射とを併用して治療しておられました。

当初は、投薬は少量から始まりましたが、発育に変化は生ぜず、徐々に投薬量を増やしていったそうです。しかし、投薬のみでは効果はなく、次に注射による治療もあわせておこなわれるようになりました。このような治療をしばらく継続していましたが、卵胞の発育、妊娠とはなりませんでした。

そんな中、当院へ来られました。「卵胞が大きくならずに妊娠できません。二人目の子供がほしいのです。鍼治療で何とかなりますか」と涙ながらに訴えられました。

「以前にも排卵できず妊娠できない人が妊娠されました。排卵できない事情は少し異なりますが、精一杯やってみましょう。時間がかかると思いますが辛抱強く通ってください。少しずつからだが変わってくるのがわかりますから」

「仕事をしているため土曜日のみの治療とさせてください」ということで、週1回の治療を開始しました。

治療開始後4ヶ月ほどたってもなかなか妊娠には至りませんでしたが、からだの調子はいい状態が続くようになっていました。そんな中、「薬を併用しているとどうしてもからだが冷えやすく、妊娠するために必要ないい状態の体にしていくことが少し難しいため、しばらく投薬を休んで鍼治療に専念していただけますか」と思い切って話してみました。少し涙ぐまれながらも「そうしてみたいと思います」といってくださいました。

その後、治療開始5ヵ月後に無事妊娠されました。当初冷えていたからだは温かく変わり、妊娠にふさわしいからだへと変わっていました。

妊娠後しばらくすると、つわりが始まり、その治療もかねて継続治療をしています。現在はつわりも終わり安産のための安産灸を継続しています。胎児も順調に成育し、数ヶ月前の様子とは異なり、笑顔一杯の治療となっています。

TAGS:

左顔面の麻痺で病院へ通院されていましたが、なかなか思うように回復せず、紹介されて来院となりました。

左頬から顎にかけて左右差があり、皮膚に張りのない力強さの足りない状態でした。鍼治療は初体験とのことです。また、食事のたびに左側に違和感を感じ、食べたものが口内の左側に残るという感じだそうです。

治療は、本人の仕事の関係で週1回の治療となりました。治療は、積み重ねが大切で少しずつ変化していくことを説明しながら初回の治療を終えました。本人も納得されたようで、毎週欠かさず治療に来られました。その結果、5回ほどの治療で回復され治療を終えました。

この事例のように、数回の治療で治るケースもありますが、もっと多くの治療期間を要するケースも多いようです。でも、この事例のように、経絡治療によってバランスをとり回復力を向上させることで、からだが変わっていきます。その結果、治癒へと導いていきます。現在もこの事例のような顔面神経麻痺の治療や三叉神経麻痺・顔面痙攣といった症状を訴えて来院されている方がおられます。

病院ですぐに完治できるものは問題ありませんが、なかなか直らず辛い日々を送っておられる方がいることも多いと聞いています。このような症状で苦しんでおられる方は、是非鍼治療(経絡治療)を治療のひとつに加えていただき、体験していただきたいものです。

TAGS:

子供の頃から病気がちで、鍼治療をしている今が一番調子がよいといわれた症例(40歳代の女性)

病気のデパートとでも言うように多くの病気を抱えてこられました。特にうつ病・低眼圧性の緑内障を訴えての来院となりました。

うつ病に関しては、忙しい仕事の中、心身疲労してしまい朝になると起きれなくなり全く仕事にいけなくなったということです。また、緑内障を伴っていますが、原因のわからぬ目の奥の痛みを訴えておられました。いずれも病院へ通院されていますが、あまりはかばかしくなかったそうです。

「脉診をする鍼師を探していました。東京に行かなければおられないと思っていました。どうして目の奥が痛んだりからだの調子が悪かったりするんでしょう?うつも続いていて仕事が辛いです」との質問がありました。

私なりに東洋的な立場からどうしてそのような症状が出てくるのかをお答えしました。その答えを聞かれて、ほっと安心されたような表情をされたのが印象的でした。

初回の治療を終え、はじめに受けた印象が変わるくらいに声が明るくなられたようでした。定期的に治療に来てくださるようにお願いし、初回の治療を終了しました。その後週2回の割合で来院され、次第に元気になられました。目の奥の痛みも殆んどなくなり、前向きな様子となったようです。

ところが職場が変わり、更に忙しい状態に拍車がかかり、仕事内容も全く変わったため一から覚えなければならない状態となりました。そのため、うつの症状が消えていたのにまた再発し、以前よりも症状が強くなり、仕事にいけなくなってしまいました。

「朝起きれないんです。仕事に行かないとと思うのですが駄目です」かなり辛い様子です。

「心配しなくていいですよ。少し時間はかかりますが、また戻っていきますから大丈夫です。十分頑張っていますから。今のこの時間も大切なんですよ」

その後、治療を継続していきました。次第に表情も明るさを取り戻し、仕事に戻れるようになっていきました。しかし、仕事の忙しさに代わりがなく、心身の調子がよい状態に戻たため、職場を変わるという決断をすることができました。

現在も定期的に治療にこられていますが「子供の頃から具合が悪く、運動もできない子供でした。鍼治療を受けた今が、私の人生の中で一番調子がいいのです。ありがとうございます」と、感謝されました。

今回のように、うつ病のような精神的な疾患には鍼治療(経絡治療)というイメージがわかないでしょう。鍼治療といえば痛みを伴うものにというイメージが定着しています。しかし、氣を扱う経絡治療にとっては適応症ともいえるものなのです。うつ・精神疾患は氣の変動から生ずるもっとも典型的な症状なのです。これは古典の昔から書かれています。

現在少しずつではありますが、この症例のような方々の来院される数が増えてきています。このような治療によっても大きな効果が期待されます。回復がどうもよくない、なかなか軽快していかない等、感じておられる方は、一度体験してみてください。鍼治療のイメージが変わりますよ。

TAGS:

初産を帝王切開で出産され、二人目を自然分娩したいと願った症例(30歳代後半の女性)

初産でさかごとなり、いろいろやってみられたそうですが、結局さかごは治らず帝王切開にて出産された。めでたくお二人目を授かったが今回もさかごとなり、助産院から紹介され当院へ来られました。

当初は、さかごの治療ということで来院。さかご治療のほうは、私の経験上妊婦さんのお腹の状態・妊娠週から診て容易に治すことが出来ると思われました。数回の治療でさかごは戻りました。その後、「安産灸を続けていきましょう」ということで状態を診ながら1週間から2週間に1回の割合で来院していただき、治療を継続していただきました。

治療を継続していますと「一人目は帝王切開での出産だったので、二人目は何とか自力で出産したい」と打ち明けられました。「ただ、帝王切開で出産された場合は、次の出産時にも安全を確保するため帝王切開になるケースが多いようです。私のできることはやっていきますから、自然分娩に向けて調整していきましょう。臨月に入る前に産科の先生に、自然分娩したいという強い思いを話してください。その上で、産科の先生にもご協力してもらいましょう」

その後、産科の先生の許可がもらえ、自然分娩に向けて治療を継続しました。但し、条件として「出産予定日を過ぎたときには帝王切開になります」と言われました。

臨月に入り、治療間隔を週1回に戻し、予定日の10日前からは週2回の治療となりました。特に出産予定日の1週間前から背部に出る“陣痛促進穴”の様子を見ながら予定日に強い陣痛が起こるようにと治療を継続しました。その結果、予定日二日前に背部の反応がいい位置に現れ、そこに所定の治療を加えて治療終了となりました。

無事予定日の出産となりました。翌日、連絡をいただきました。「とっても楽な出産でした。初めての自然分娩でしたが、皆が驚くほど短時間の安産でした。どうもありがとうございました」

最近良く聞く話として、今回のようなケースが多いとお聞きします。つまり、一人目の出産を何らかの事情で帝王切開となり、二人目の妊娠で今回はどうしても自然分娩したいということです。1回目が帝王切開になる理由はいろいろあるでしょうが、その中のひとつとして“さかごの問題・微弱陣痛の問題等”があると聞いています。どうしても、鍼治療には抵抗があるとは思いますが、今回の例のように成功するケースが多いのです。すべてが成功するわけではありませんが、それでも多くの手助けが出来ると思っております。

今回の症例を通して、鍼治療の良さを少しでもわかっていただければ幸いです。そして、多くの妊婦さんの手助けが出来ればと願っております。

TAGS:

長年高血圧のため抗圧剤を服用していましたが、服用していたにもかかわらず血圧が高くなってしまい、肩から胸にかけて痛みが出るようになりました。特に、心臓が痛むような感覚を覚えたそうです。

抗圧剤を服用していても、急に血圧の上昇すること方がおられます。時折こういう方が治療に診えられ、体調を戻されるケースがあります。今回のケースは、そんな中でも体調を崩され、特に心臓が痛いという表現をされたということで、紹介させていただきます。

当 院へは紹介されて来院されました。早速、問診し脉診をしましたら硬く沈んだ状態です。また、頸部から肩にかけて硬く張り、「いかにも血圧が高い人だなぁ」 と思わせるような体の状態です。鍼治療は初体験ですので、すこし説明しつつ初回の治療に入りました。治療後、硬くて沈んでいた脉は柔らかく少し浮いた状態 に変わっていました。「硬くて沈んでいる脉の状態が、柔らかく浮いてしまった脉に変わっていきます。長い間、薬を服用されていますのですぐには難しいです が、少しずつ近ずけていきます。そうなっていきますと、次第に血圧も安定し痛みもひいてきますよ」

当初、週2回の来院をしていただきましたが、2週間後には5日おきに1回の割合で来院していただきました。

治療開始から3週間ほど過ぎて、訴えておられた心臓の痛みはなくなり、苦しかったからだの不調も整ってきました。この頃から週1回の治療に切り替え、以後しばらくの間、体調の調整に来院いただきました。

初診時に感じていた痛みや体調不良はなくなり、血圧も安定しています。このケースのように、高血圧のため抗圧剤を服用されている方は多いようです。しかし、服用しているにもかかわらずなかなか血圧が安定せず、急に高くなる方々も多いと聞いています。

本 来なら、薬を服用しなくても良くなるまで治療できるといいのでしょうが、これはなかなかいろんな意味で難しいといえます(理想論で言えば、治療を続けてい きたいものですが)しかし、このケースのように、苦しいときにそのお手伝いができ、生活等の指導が出来たりします。それによって、少しでも血圧の安定化を 図り、楽に生活を送れるようにお手伝いできればと思っております。どうぞ血圧を安定させるために鍼治療(経絡治療)も活用いただければと思います。

TAGS:
« Older PostsNewer Posts »