最近の投稿

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

子供の頃から病気がちで、鍼治療をしている今が一番調子がよいといわれた症例(40歳代の女性)

病気のデパートとでも言うように多くの病気を抱えてこられました。特にうつ病・低眼圧性の緑内障を訴えての来院となりました。

うつ病に関しては、忙しい仕事の中、心身疲労してしまい朝になると起きれなくなり全く仕事にいけなくなったということです。また、緑内障を伴っていますが、原因のわからぬ目の奥の痛みを訴えておられました。いずれも病院へ通院されていますが、あまりはかばかしくなかったそうです。

「脉診をする鍼師を探していました。東京に行かなければおられないと思っていました。どうして目の奥が痛んだりからだの調子が悪かったりするんでしょう?うつも続いていて仕事が辛いです」との質問がありました。

私なりに東洋的な立場からどうしてそのような症状が出てくるのかをお答えしました。その答えを聞かれて、ほっと安心されたような表情をされたのが印象的でした。

初回の治療を終え、はじめに受けた印象が変わるくらいに声が明るくなられたようでした。定期的に治療に来てくださるようにお願いし、初回の治療を終了しました。その後週2回の割合で来院され、次第に元気になられました。目の奥の痛みも殆んどなくなり、前向きな様子となったようです。

ところが職場が変わり、更に忙しい状態に拍車がかかり、仕事内容も全く変わったため一から覚えなければならない状態となりました。そのため、うつの症状が消えていたのにまた再発し、以前よりも症状が強くなり、仕事にいけなくなってしまいました。

「朝起きれないんです。仕事に行かないとと思うのですが駄目です」かなり辛い様子です。

「心配しなくていいですよ。少し時間はかかりますが、また戻っていきますから大丈夫です。十分頑張っていますから。今のこの時間も大切なんですよ」

その後、治療を継続していきました。次第に表情も明るさを取り戻し、仕事に戻れるようになっていきました。しかし、仕事の忙しさに代わりがなく、心身の調子がよい状態に戻たため、職場を変わるという決断をすることができました。

現在も定期的に治療にこられていますが「子供の頃から具合が悪く、運動もできない子供でした。鍼治療を受けた今が、私の人生の中で一番調子がいいのです。ありがとうございます」と、感謝されました。

今回のように、うつ病のような精神的な疾患には鍼治療(経絡治療)というイメージがわかないでしょう。鍼治療といえば痛みを伴うものにというイメージが定着しています。しかし、氣を扱う経絡治療にとっては適応症ともいえるものなのです。うつ・精神疾患は氣の変動から生ずるもっとも典型的な症状なのです。これは古典の昔から書かれています。

現在少しずつではありますが、この症例のような方々の来院される数が増えてきています。このような治療によっても大きな効果が期待されます。回復がどうもよくない、なかなか軽快していかない等、感じておられる方は、一度体験してみてください。鍼治療のイメージが変わりますよ。

TAGS:

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment