最近の投稿

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

Search Results

温穂堂往診部 訪問診療


連絡先(温穂堂 往診部)

電話番号     080-3570-5735

メールアドレス   hari.q.saito@gmail.com

 

 

・訪問診療(健康保険適応)

 

脳梗塞、脊髄損傷、ご高齢者の方など歩行困難で通院が出来ない方に限り、健康保険での訪問治療を予定しております。

※健康保険は保険適応の6疾患に該当する場合にご使用頂けます。

またその際、医師の同意が必要になります。

 


保険適応6疾患

1,神経痛

身体の様々な場所の疼痛(慢性的含む)に適応され得ます。

2,リウマチ

医師によりリウマチと診断されたもの

3,頚腕症候群

頚部(首)・肩・腕の筋肉や靭帯から発生する痛みなど

4,五十肩

肩関節の疼痛疾患で、動作が制限され、腰の後ろで帯を結ぶ様な動作が出来ない、ドライヤーなどで手を上に上げる事が出来ない。夜間、肩関節から腕が痛くて寝られないなど。

5,腰痛症

腰の痛み、腰から足にかけての痛みなど。ぎっくり腰など。

6,頚椎捻挫後遺症

いわゆる、むち打ちの後遺症など。


 

・訪問診療(実費)

 

また、時間が合わず通院が難しい方、小さいお子様がいて、治療院に中々来られない方(当院でもベビーベッドをご用意しております)、またはご両親の介護などで時間が中々作れない方に向けての訪問診療も予定しております。

 

保険での訪問診療・実費での訪問診療について詳細は随時更新致します。

またはスタッフにお尋ねください。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

TAGS:

左前頭部に帯状疱疹のできた女性です。

当院へ来られる半月ほど前に発症しました。皮膚科へ通院し、投薬を受けていました。しかし、日に日に痛みは増すばかりで、しまいには病院内で激痛のため倒れこむことまであったそうです。このまま続けていても回復の見通しがつかないため、紹介されて来院されました。

初診時は激痛が続いていて、疱疹部は皮膚全体がかぶれ黒ずんでいました。疱疹はすでにつぶれていてかさぷたを形成していました。また、痛みのため食欲もなく眠れない日々が続いていました。そのため腹部はカンゲし力のない状態です。

「回復力を増しながら治療していきます。そうすると痛みもなくなり、かぶれて変色している部分もなくなります。疱疹部も痕が消えてしまいますよ」と説明して初回の治療を始めました。治療を終えるとからだ全体に艶と張りが出てからだが楽に感じられるようになったそうです。

1日置いて来院していただき、様子をお聞きしたところ強い痛みは消え、久しぶりにゆっくり眠れたと喜んでおられました。何日も苦しんでいた痛みが一回の治療で楽になったことに大変驚いておられました。

その後、週2回のペースで来院いただき治療を継続していただきました。帯状疱疹による激痛はなくなりましたが、神経痛のようなツンとした痛みが少し残りましたが、継続していくことでその痛みも殆んど気にならなくなっていきました。更に、かぶれて黒ずんでいた皮膚の色が次第にうすくなっていき、殆んどわからなくなっていきました。つぶれてかさぷたになっていた疱疹の痕も次第になくなっていきました。

少しひりひりする感じは残っていましたが、日常生活には全く支障のない状態にまで回復されています。

現在は、体調管理のため2週に1回の割合で来院いただいています。

鍼治療には一見不向きなような症状でも、治癒力を回復させていくことで痛みが消え、皮膚が元に戻り以前のような生活に戻れます。この治療を通してまた、生命力のすばらしさを体験させていただきました。鍼はちょっとと敬遠される方も多いとは思いますが、困っておられる方のお手伝いが少しでもできればと思っております。

TAGS: